新車を購入するときの楽しみの一つに、オプションパーツ選びがあります。

最近では軽自動車でも各社のオプションはとても豊富になっていて、中には百万単位の金をかけて軽自動車をカスタマイズしたりドレスアップする人も居るようです。

オプション部品というのは、大体は納車時にしか装着できないメーカーオプションと、ディーラーに注文して装着できるディーラーオプションに分かれていて、予算をにらみながらどれにしようかとあれこれ悩みまくるのですが、それがまた新車購入の時にしか味わえない楽しみなのです。

また納車後に純正パーツではなく社外品のパーツを購入して装着する場合もあります。

カーナビやオーディオ、またエアロパーツなど、こだわりのパーツは自分だけの車を演出するのに大いに役立つものです。

さてこれらオプションパーツ、車を手放す際の査定ではどのような評価になるのでしょうか。

まずメーカーオプション、ディーラーオプションなどのいわゆる純正パーツの場合ですが、

純正品の装着だということでノーマルな状態から見ればプラス査定の要素になることが多いと言われています。

中でも新車の時にしか装着できないメーカーオプションのパーツは、ほぼ間違いなくプラス査定になると考えられます。

納車前にメーカー工場で取り付けられるサンルーフや本革シートなどがそうですね。

このようなパーツを装着している場合は査定の立会いの時にきちんとアピールするべきでしょう。

査定マンもプロですからスルーすることはまず無いでしょうが、プラス要素になることをちゃんと知っていますよというアピールになるだけでも意味があると思います。

また、エアロパーツなど純正のパーツを外して社外品に交換している場合は、査定時に保管してある純正パーツを揃えてみてもらいましょう。

純正品に戻すかどうかは買取店側の判断になると思います。

次に、いわゆる社外パーツの場合の評価はどうなるのかということですが、

まずディーラーの下取り査定では純正品以外の社外品はほぼ評価されないと考えましょう。

新車販売を専門とするディーラーは基本的に社外品の価値については判断できないのが実情だと思います。

一方、軽自動車などを車買取店で査定してもらう場合は、社外品でもそれなりに評価してもらえる場合が多いようです。

ただ、自分の趣味による個性の強い社外品の場合は一般の人向けとしては売りにくくなるということで評価されない場合もあります。

そんなときには、その社外品を外しパーツ専門店などでパーツ単品としての評価をしてもらうのも一つの方法です。

パーツ単品であるなら車のメーカーによる括りは関係無いため、純粋にパーツに対する査定評価を受ける事が可能であり、お得になる可能性が大です。

買取された車はいくつか過程を経て最終的には中古車販売店などで一般向けに売りに出されます。

店頭では前オーナーの痕跡が無ければ無いほど一般向けに売りやすい車となります。

ですから車を手放すときは、社外品などは純正品に戻すなど、自分の痕跡をできるだけ消してやるのが高評価につながることになります。


このサイトのメニュー

  • トップ
  • 中古車査定の役割と必要性
  • 車のパーツと査定の関係
  • 中古車査定の相場を左右するもの
  • 車の相場をオンライン査定で知る
  • 車を買取相場より高く買ってもらう
  • 愛車を中古車査定サイトで見積もり
  • 車買取の出張査定を活用しよう
  • 車の価格は変化するもの
  • 愛車の相場価格を知る
  • リンク集1
  • リンク集2
  • リンク集3