下取りは不利だということで車買取店に車を持ち込んだものの、担当の営業マンの口車に乗せられて、愛車をありえない価格で売りに出してしまうという事も結構見られるようです。

クルマを買い換えたことがある人に絶対に知っておいていただきたいのが、現在のあなたの車の相場価格です。

車買取店の買取り価格というのは、買取り後の流通において必要となる中間マージンをあらかじめ見込んで設定されます。

買取車を業者オークションで捌く車買取店業者であれば、オークション相場が100万円だとすると、自社マージンの10万円を差し引いた90万円を買取額の上限にするといった具合です。

さらに、オークションでこの車を仕入れた中古車販売店は、落札価格100万円に自社のマージンや搬送費などの15万円を上乗せして、115万円で店頭販売するということになります。

このケースだと、オーナーからの買取り価格90万円と、中古車販売店での販売価格115万円との間に25万円の差額が出ることになります。

このような中古車流通のしくみがわかってくると、店頭の販売価格からおおよその買取り価格を推測することができるようになります。

ネット等で「店頭価格から20~30万円差し引いたのが買取り相場になる」というコメントを見ることがありますが、それは上で述べたような流通の仕組みになっているからです。

ですから、手っ取り早く買取り相場を知りたいときは次のようにすればいいでしょう。

まずは、goo や カーセンサー.net などの中古車販売サイトで、自分の車に年式、グレード、走行距離、ボディーカラーなどができるだけ近い車を探し出します。

サイトには大抵検索機能が備わっていますから、見つけるのはそんなに難しくないと思います。

ほぼ同じような状態の車が見つかったら車輌価格を確認し、その車輌価格から20~30万円差し引いた金額が相場金額の目安になります。

中間経費が20~30万円と10万円も幅があるので、決して精度の高いやり方ではありませんが、相場の大体の目安は付けられるはずです。

この目安金額を知っておくだけでも、車買取店で買い叩かれることを防ぐことができると思います。

変な価格を提示されたら、自分で調べた目安金額を根拠を持って主張すればいいのです。

これはそれほど時間もかからない方法ですので、ぜひ一度お試しください。


このサイトのメニュー

  • トップ
  • 中古車査定の役割と必要性
  • 車のパーツと査定の関係
  • 中古車査定の相場を左右するもの
  • 車の相場をオンライン査定で知る
  • 車を買取相場より高く買ってもらう
  • 愛車を中古車査定サイトで見積もり
  • 車買取の出張査定を活用しよう
  • 車の価格は変化するもの
  • 愛車の相場価格を知る
  • リンク集1
  • リンク集2
  • リンク集3